施工手順・形状寸法

施工手順

1. 基礎工


2. 底板設置


3. 管取付壁設置

  1. 工程3-1 説明図 管取付壁を押しながら、本管を可とう継手(スペーサージョイントキラト)に挿入してください。
    *手押しでやりにくい場合は、底板溝にバール等を差し込み送り込ませるようにします。
  2. 工程3-2 説明図 可とう継手と本管とのすきまがないことを確認後、ステンレスバンドを十分に締めこみます。
    (5〜7N・m程度)


4. 直壁・斜壁設置

  1. 工程4-1 説明図 管取付壁の上面を清掃し、緊結用腕部に緊結用ボルトを取り付けて、ゴムパッキンをセットします。
  2. 工程4-2 説明図 直壁・斜壁を緊結用ボルトに通るようにして設置します。
    この時、ガイド目印(▲▼)が上下合う様にして下さい。
  3. 工程4-3 説明図 締付けナットを締め込みます。
    この時、ゴムワッシャーのゴム部がワッシャー部と同じ径にふくらむまで締め込みます。

本体接続部

本体接続部


5. 調整リング設置

  1. 工程5-1 説明図 斜壁に調整ボルトを取り付けて、調整リングをセットします。
    調整リング下部にゴムリングをセットするため、充填材等の必要はありません。
  2. スプリングワッシャーが平らになるまで締め込みます。


6. 鉄蓋設置



ページのトップへ